◆平成27年1月10日 60周年記念出初式

昭和30年に日高町消防団として組織された消防団が、平成27年に60周年を迎えました。これを記念して出初め式を盛大に開催しました。

【式典の部】


例年にも増して、多くの来賓の皆様に出席していただきました。団員一同、日高市を守るという意気込みを新たにしました。

【イベントの部】

★分列行進
半鐘に続く消防ラッパを合図に、団員、日高市消防団支援隊、幼年消防クラブ(日高富士見台幼稚園)、消防車両及び赤バイが行進しました。今回は60周年をイメージして、村時代に活躍した消防器具も行進に加わりました。



★幼年消防クラブ
日高富士見台幼稚園の幼年消防クラブの皆さんが演奏や演技を披露してくれました。寒さの中でも元気いっぱいな姿に、来賓の皆様の顔もほころびました。


★救助訓練
消防職員による、はしご車を使った庁舎屋上からの救助訓練を披露しました。ロープによる緊急脱出訓練では、その素晴らしさに感嘆の声が上がっていました。



★一斉放水
消防ラッパの演奏を合図に、ポンプ車両6台が一斉に放水しました。



★フィナーレ
特設台から市長、衆議院議員、市議会議長、消友会副会長、団長の5人によりお菓子がまかれました。



★展示
市役所1階ミニギャラリーにて、消防団60周年を写真と年表で振り返る展示を行いました。懐かしい消防器具、平成10年の全国消防操法大会でいただいた賞状や盾も展示しました。



団長を筆頭に一同で集合写真を撮りました。 保存されていた半鐘で式典開始及び終了の合図を打ちました。 8月に同好会を結成。必死の練習の成果を披露しました。

日高市消防団支援隊がお客様に甘酒を振舞ってくれました。 事前配布した塗り絵持参のお子様に記念グッズを差し上げました。 防災ヘリよりお祝いの言葉をいただきました。

村時代の消防器具を展示。
分列行進にも加わりました。